ヘルペスウイルスを撃退するときに使用されることの多いバルトレックスという薬。バルトレックスは非常に安全性の高い薬のため、多くの人に愛されていますが、もちろん薬である以上、副作用は付きまとうことになります。バルトレックスの副作用を中心に記載しています。

持たれる白い錠剤
  • ホーム
  • バルトレックスのジェネリックの値段は安い?

バルトレックスのジェネリックの値段は安い?

ピンク錠剤

一般的にヘルペスは水ぶくれなどができてしまう病気で、ヘルペスはウイルスが原因による病気でありヘルペスウイルスと呼んでいます。
ウイルスが原因により単純疱疹や帯状疱疹・水痘などが引き起こることがあります。
ヘルペスを治療するのに利用される薬としてバルトレックス(バラシクロビル錠)などがあり、バラシクロビルはDNAポリメラーゼ阻害薬とも呼ばれている種類です。

バルトレックスの作用機序としてまずヘルペスはウイルス感染症なので口の周りに症状が現れるような口唇ヘルペスや性器周辺に症状を生じるような性器ヘルペスが一般的です。
ウイルスにはそれぞれ種類があるので種類によって発症する症状が異なります。
例えば口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)から引き起こされ、性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)から引き起こされます。
水ぼうそうは水痘・帯状疱疹ウイルスから引き起こるのでそれぞれ症状が異なるでしょう。

ウイルスが原因なのでこの状態を改善するのにウイルスが増殖することを抑えてしまえば良く、DNA合成を阻止すると効果があります。
バルトレックスは病院などで処方されるので効率的に不快な症状を改善することが可能です。

バルトレックスにはいろいろなジェネリック医薬品があり、例えばセントレックスは性器ヘルペスや単純ヘルペス・帯状疱疹に効果のある薬です。
ジェネリック薬なので安価で購入することができたり、その効果は先発医薬品と同じなので効率的にコストを抑えて治療することができるでしょう。
バルトレックスのジェネリックには錠剤や顆粒タイプもあるので自分に合った薬剤を選択することができます。

最近ではインターネットを利用して個人輸入代行サイトから注文するとリーズナブルな価格で購入することが可能です。
ネット通販を利用すると自宅にいながら注文できたり、お得なセットやキャンペーンなどを利用すると更にコストを下げることができます。

バルトレックスジェネリックはどうやって入手する?

ヘルペス治療薬であるバルトレックスは先発薬ですが、この薬にはいくつかのジェネリック医薬品があります。
バラシクロビル錠やセントレックスなどがそれにあたり、バルトレックスと同様の効果が得られるためどちらも帯状疱疹や性器ヘルペス・口唇ヘルペスの治療に使うことができます。
バルトレックスは医療用の医薬品です。
ジェネリック製品であるバラシクロビル錠・セントレックスも基本的には病院を受診して処方箋を書いてもらい薬局から処方してもらう形になります。

しかし病院を受診する時間がなかったり費用を安く抑えたいなど、病院以外からこの薬を入手したいのであれば、薬の個人輸入を利用するという方法があります。
薬の個人輸入というのは医薬品を海外から個人で取り寄せるという方法になります。
輸入代行を行ってくれる業者があるためインターネットから通常の通販サイトと同じように利用することができます。

バラシクロビル錠やセントレックスは先発薬であるバルトレックスよりも安い値段で購入することができます。
これは薬局で処方してもらう場合にもバルトレックスより安くなるのです。
薬の個人輸入であれば薬の仕入れ原価や人件費などが抑えられているためさらに安い値段で購入できるようになっています。

インターネット上にはたくさんの個人輸入サイトがあり、そのいくつかでバルトレックスのジェネリックを取り扱っています。
しかし、中には取り扱いのないサイトもあるので注意するようにしましょう。
大手の個人輸入サイトであれば比較的取り扱っているケースが多いです。
個人輸入を利用する場合には、クレジットカード払いや銀行振り込みによって薬を購入することができます。
なお、顆粒タイプのものは取り扱いが少ないので薬局で処方してもらうようにしましょう。